×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DHAで頭が良くなる EPAで健康になる

最も美味とされるのは、

尾のつけ根の肉の『霜降り肉』で、刺身やステーキなどにされます。

脂肪には、DHA や EPA などが大変多く含まれています

畝(うね)などの『脂肪』には、 体に良い『DHA』 や『EPA』など 『n-3系不飽和脂肪酸』が大変多く含まれています
逆に、多く摂取すると体に悪い『飽和脂肪酸』が少ないのも特徴です。

『脂肪』は、『飽和脂肪』(悪玉)と『不飽和脂肪』(善玉)の2つに分類されます。

不飽和脂肪酸』とは、脂質の構成成分で、魚類や植物の油に多く含まれます。
飽和脂肪酸と違い、冷えても固まらない液状で存在します。

『不飽和脂肪酸』は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸にわけられ、 さらに多価不飽和脂肪酸の方はn-3系とn-6系にわけられます。

n-3系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)は、
EPA』(エイコサペンタエン酸)や『DHA』(ドコサヘキサエン酸)が代表的で、
悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

EPA』は血液の凝固を抑制し、血管系の病気の予防発癌の予防効果も認められ注目されている成分です。

DHA』を十分に摂ると「頭がよくなる」といわれていますが、
これは『DHA』が脳の神経組織に多く存在し、情報伝達を行う作用があるからです。
DHA』は脳を活発化し、学習能力を上げる効果が実験で確認され、『頭が良くなる』とされています。
このため『DHA』が不足すると、記憶力の低下や発育不全などがもたらされます。

これらは、身体では生産されない成分なので、食事や健康補助食品から摂る必要があります
なお畝(うね)など、脂肪であるため、過剰摂取は肥満につながります。

スポンサードリンク

『赤身の肉』には、良質なタンパク質が多く含まれています。

ビタミンAを豊富に含み、低脂肪、低コレステロール、さらに他のビタミン類もバランス良く含まれています。
心筋梗塞虚血性心疾患などの成人病の予防にも役立ちます。

吸収性の良い『ミオグロビン鉄』が多く含まれています。
慢性的に鉄分の不足しがちな貧血症の方にとって、大変良い供給源となります。